in

【決定版】動画編集はこれ!多くの種類から厳選されたソフト8選

5Gによる回線の発達やiPhone11といったデバイスの進化によって動画の価値が上がるにつれてさらに動画マーケティングの需要が日々拡大しています。

「どのソフトを使って編集を行えばいいの?」「どんな編集を行えばきれいに見えるの?」という方もたくさんいらっしゃいます。

これからチャンネルを開設するかたや、動画について勉強していくことを考えている方に向けて、本記事では動画を編集する際に編集ソフトそれぞれの特徴について解説していきます。

編集ソフトを選ぶ3つのポイント

動画編集ソフトを選ぶ際に見てほしいポイントは以下の3つです。

  1. 有料 / 無料
  2. ビデオカメラ・スマートフォンの録画形式に対応しているか
  3. 必要な機能があるか

有料 / 無料

動画編集ソフトには現在ネットから自由にダウンロードできる無料のものと、有料のものが存在しています。無料のものは更新が少なく開発がストップしており、現在の画質などに対応してないことや、機能性が悪く使いづらかったりします。

一方で有料のものは年に数回アップデートが行われ、ユーザーの利用に合わせてアップデートなどが行われており、、年々使いやすくなっていく傾向があります。相場として家庭などでホームビデオなどで使うようなものでは6000円から15000円と比較的安く手に入ったりします。またプロとしてビジネスで使う場合には、月額制もありますが、多くは35000円ほどです。

必ずしも有料のものが優れているわけではなく、作りたいものがホームビデオや簡単なものであった場合には、無料のものでも十分に制作することが可能です。もしその作った製品を商品として売っていきたいのであれば、有料のもののほうが機能性に優れていたり、補っている範囲も大きいためできる仕事は大きくなります。

ビデオカメラ・スマートフォンの録画形式に対応しているか

スマートフォンやカメラを使って動画を撮影する際には、その録画形式を確認するようにしましょう。現在日々画質が良くなっている中で数年前に買ったソフトや開発が終わってしまったソフトでは対応していない場合があります。

例えば4K60fpsなどの動画をカメラで撮影していた場合、無料ソフトの限度がフルHDの30fpsであった場合せっかく高品質のカメラを用意したのに、その画質で書きだすことができません。なので撮影した動画に対応しているかも確認してからソフトを選ぶようにしましょう。

また有料のものは、多くの録画形式に対応しているためほとんどの場合に対応することができます。まれに古い撮影形式や特殊な撮影方法であった場合に対応していない場合があるので信じすぎず確認を行らないようにしましょう。。

必要な機能があるか

画面録画、声の録音、DVDやBlu-rayに落とし込むといった高度の機能は無料版の編集ソフトに付随していないことのほうが多いため気を付けるようにしましょう。

自分の動画でどのようなことがやりたいのかによって必要な機能は変わってきます。場合によって無料ですべて済んでしまうこともあるので、やりたいことを明確にしたうえでソフトを選ぶようにしましょう。

無料編集ソフト【3選】

無料でおすすめの動画編集ソフトを以下にまとめました。

  • Aviutl
  • Lightworks
  • VideoPad

Aviutl

引用:AviUtl

動画編集黎明期のYoutubeやニコニコ動画といった動画投稿サイトにて、よく使われている有名フリーソフトです。無料ながらその機能は幅広く網羅されていますが、操作性の面ではじめて動画を編集する方には若干ハードルが高めといわれております。

初期状態ですと、 限られたファイルしか読み込めないなど機能に制限がありますが、拡張プラグインなどを導入することで、その機能を増やすことができます。

可能領域】

  • 動画に画像、テキストなどの組み込み
  • MP3、MP4の読み込み
  • ぼかし、シャープ、モザイク、シーンチェンジなどの特殊効果
  • 音声の入れ替え、音量調整、位置調節
  • 色調調整、塗りつぶし、解像度の変更 
  • 対応環境:日本語対応
  • スペック: Windows XP~10対応

Lightworks

引用引用:Lightworks

無料ソフトの中でもプロ仕様に近い編集ソフトであるため、初心者ですと操作が難しいかもしれません。しかし無料でありながらも様々な機能を扱うことができます。例えば、マルチカメラの編集や有料ソフトである Adobe After Effectsなどサードパーティにも対応しています。

また海外製であるためホームページなどは英語表記ですので翻訳などのサービスを利用しながら利用する必要があります。

【可能領域】

  • Adobe Premiere、After Effectsなどサードパーティ製アプリと連携可能
  • ユーザーがつくったオリジナルエフェクトを追加できる
  • 複数ユーザーでプロジェクト分担できる
  • インターフェースをカスタマイズ、マクロ作成ができる
  • マット、マスクなどの効果は100種類以上。HDや4K画質も対応
  • 対応環境:日本語対応
  • スペック:Windows Vista~10対応

VideoPad

引用:softonic

このソフトはPCだけでなく、iPhoneやAndroidといったスマートフォンでも利用が可能です。手振れ補正や逆再生など様々種類の特殊効果に対応しており、無料版でも十分に編集可能ですが、有料版のほうが機能性は優れています。無料版では非営利目的にしか利用できないことが難点です。

【可能領域】

  • Blu-ray、DVDに焼くことができる
  • 3D動画の作成が可能
  • 音声読み上げ機能
  • 対応環境:日本語対応
  • スペック:Windows XP~10/Mac OSX 10.4.4以降/Android OS 2.3.3以降対応

有料編集ソフト5選

有料でおすすめの動画編集ソフトを以下にまとめました。

  • Filmora9
  • adobe premiere pro cc
  • PowerDirector
  • MovieStudio
  • Final Cut Pro

Filmora9

動画編集ソフトおすすめ
引用:filmora

動画初心者であっても直感的に動画編集を行うことができる画面であり、様々な動画に対応することができます。またFilmora最大の特徴はテンプレートの多さにあります。

上記の動画で示した動画は実際に活動しているYoutuberの動画であり、テンプレート感も少なく視聴することができます。またトランジッションやエフェクトにも優れており自分の好みに合わせた動画の制作が可能です。

【可能領域】

  • 初心者にも扱いやすいデザイン設計
  • 字幕、テロップ入れ(日本語・英語共にフォント種類豊富)
  • 高度オーディオ調整、色彩調整
  • 4K対応+多様な出力形式
  • 対応環境:日本語対応
  • スペック: Windows 7/8/8.1/10、OS X 10.11/10.12/10.13/10.14

adobe premiere pro cc

現在世界でもっとも一般的なadobe社が提供している動画編集ソフトです。

iPhone等のスマートフォンで撮影したものから、カメラで撮影したものすべてにわたり動画の編集が可能であり、Youtubeなどへの投稿もスムーズに行うことができます。しかしその圧倒的な機能性ゆえ、スペックの低いPCで作業してしまうと固まったり、落ちてしまうこともありストレスのたまる編集環境が出来上がってしまいます。

YouTuber上に多くの人が解説動画を乗っけているため、初心者であってもチュートリアルを見ながら動画を制作することができます。

【可能領域】

  • テロップなどの簡単な吹き出し
  • クロスフェードなどの圧倒的なエフェクト量
  • トランジッションも豊富
  • その他adobe製の商品との互換性が高い
  • 対応環境:日本語対応
  • スペック: Windows 10 日本語版(v1709 以降)または macOS 日本語版 10.13 以降
  • 価格:月額¥3780~

【関連記事】Twitterで話題沸騰中!動画クリエイター大川優介の正体とは

PowerDirector

引用:CyberLink

国内販売シェアNo1の優秀な動画編集ソフト。4K、縦動画対応、画面録画機能ありでDVD、Blu-rayも焼ける。初心者でも扱いやすく、動作も軽い。運動会、結婚式などの家庭用、ゲーム実況などYouTuber用、会社のPR動画などビジネス向けとしても使えるマルチなソフトです。

現在国内で最も利用率が高い動画編集ソフトです。書店などでは解説書などが多数扱われており、ストップモーションアニメや4K、縦画面動画などにも対応しており、初心者でも扱いやすく動作が軽くなっています。

また 「Screen Recoder」 というパソコン画面録画も可能でゲーム実況を簡単に始められます。

【可能領域】

  • GoProなどアクションカメラにも対応
  • スクリーンレコーダーでパソコン画面も録画
  • 30日間無料
  • 対応環境:日本語対応
  • スペック: Windows Vista~10対応
  • 価格:  DL版¥12,980~¥26,980

MovieStudio

引用:SOURCENEXTT

SONYが販売を行っている動画編集ソフトです。プロ用のソフトである「Vegas」シリーズを初心者でも扱えるように使いやすくされたモデルであり、最近のネット事情にも対応しており、編集した動画を直接YouTubeにアップロードすることも可能であり、スマートフォンで撮影されたものも編集できます。

【可能領域】

  • タブレットなどのタッチ操作にも対応
  • リアルタイムでプレビューしながら編集可能
  • CDをそのままBGMに利用できる
  • 対応環境:日本語対応
  • スペック: Windows 7~10対応
  • 価格: ¥4,995

Final Cut Pro

引用:apple
https://youtu.be/rni30Scz3ek

Macなどのapple製品を利用している人にとって最も身近な動画編集ソフトです。

apple製品でしかこのソフトを利用することができませんが、その選択に絞ったことによって、その機能性ははるかに上がりました。さらにMotionやCompressorといった製品との互換性も高く目の覚めるようなエフェクトや大胆なグラフィックスの政策の可能にしました。

【可能領域】

  • 編集、オーディオ、モーショングラフィックス、配信。
  • 高度なカラーグレーディング、HDRへの対応、ProRes RAW。
  • 360°ビデオの編集とVRヘッドセットでの再生。
  • 対応環境:日本語対応
  • スペック:iosのみ
  • 価格:¥34800

まとめ

本記事では動画を編集する際に編集ソフトそれぞれの特徴について解説していきました。

動画編集ソフトはこのほかにもたくさん存在していますが、その数が示すとおりにそれぞれの人が好む編集ソフトを多岐にわたります。一見評価の低いソフトであっても自分に通っては使い勝手のいいソフトであることもあるので実際に手に触ってみて選ぶのが一番いいのです。

青学出身のマコナリ社長の年齢・経歴と、おすすめの本3選を紹介!

半年で100万人!中田敦彦はなぜYouTubeでの成功を収めたのか